腰部脊柱管狭窄症の悩みならクリニックへ|身体のトラブル即解決!

ハートを持つ看護師

免疫細胞を増やす

医者

身体の中に含まれている免疫細胞の中で活動制限がかかってないものがあります。それはNK細胞と言われるものです。この細胞はリンパ球にあるもので、身体の中に侵入した様々なウイルスに対して攻撃を行なってくれます。また、T細胞やB細胞と言われる免疫があります。こちらは抗原抗体反応と言われるものによって動きに制限があるのです。そのためがん細胞が発症した場合素早く攻撃できない傾向にあります。しかしNK細胞はこのような制限がないため、すぐにがん細胞が発症しているところに駆けつけて身体に害を与えるものを退治してくれるのです。

ナチュラルキラーと言われるNK細胞を増やしてがん治療を行なう方法があります。そのことをNK細胞療法と言われているのです。この治療方法は、身体の中にあるNK細胞を人工的に増やすことで免疫力を向上させます。そうすることでがん細胞が増えることを防ぐことができ、病気の改善ができるのです。また、NK細胞療法は微量の血液を採取して数週間ほどかけて増幅させます。採取する血の量が少ないことから貧血などをおこしてしまうなどのトラブルは発生しにくいため、安全に治療が受けられると言えます。更に、NK細胞療法で使われる血は自分のものとなるため拒絶反応が発生する心配もありません。このことから、気楽に治療が受けられるメリットもあるのです。この他にも、化学療法などで使われる抗がん剤の副作用を軽減できるメリットもあるので、NK細胞療法を積極的に受けるといいでしょう。