腰部脊柱管狭窄症の悩みならクリニックへ|身体のトラブル即解決!

ハートを持つ看護師

食べ物の道

病院受付

食道と言われる器官があります。こちらは、喉と胃をつなげるものでもあり、食べ物を体内に与える大事な役割をしているのです。しかしアルコールを大量に摂取する人、タバコをたくさん吸う人などはこの食道にがんが発症しやすい傾向にあります。また、そのことを「食道がん」と言うのです。この症状を発症させた場合は身体に様々な悪影響を与えます。

食道がんの初期症状はあまり感じません。そのため食道がんを発症させて日が浅い時は、病院で診察を受けようと思うことはないと言えます。症状が悪化すると食べ物を食べた時に、食道がしみるなどのトラブルを抱えます。更に、進行すると喉に食べ物が詰まるような感覚を味わうのです。また、しっかりと食事が行なえなくなるので体重が減ってしまいます。このような悪化することで様々な症状が表れるので、思い当たることがあるなら專門のクリニックで食道がんの検査を受けましょう。

食道がんがかなり進行すると、胸や背中に痛みを感じることがあります。なぜかというと、がん細胞が食道を貫いて肺や背骨などに悪影響を与えるからです。更に肺などにも影響を与えることがあり、そうなると咳をしやすくなってしまいます。また、痰などに血が混ざることもあるのです。この他にも、声に関係ある神経を壊してしまうデメリットも発生します。もし食道がんが原因で神経が傷ついてしまったら、かすれた声になってしまうのです。だからこのような症状が表れた場合は、専門家に治療をお願いして病気を改善してもらいましょう。